スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原殺傷事件 重傷の男性「風化させぬ」 若者受け継ぎ(毎日新聞)

 17人が死傷した東京・秋葉原の無差別殺傷事件から2年を迎えた8日、重傷を負った元タクシー運転手の湯浅洋さん(56)が事件について考える若者グループと一緒に現場を訪れ、犠牲者の冥福を祈った。「事件を風化させたくない」という湯浅さんの思いは、殺人などの罪で公判中の加藤智大被告(27)と同世代の若者たちに受け継がれている。

 8日午前6時40分、20~30代の男女約10人が湯浅さんとともに黙とう。事件当時の様子について、身ぶり手ぶりを交えた湯浅さんの説明に聴き入った。

 グループができるきっかけを作ったのは、社会問題に関する市民講座の企画などをしているNPO法人職員の京野楽弥子(さやこ)さん(29)。加藤被告と湯浅さんが手紙を交わして心を通わせようとしているのを知り、湯浅さんに連絡した。

 「湯浅さんの話を聞こう」。昨年末、インターネットで呼びかけると、大学院生や会社員ら約60人が集まった。これまでに計3回延べ100人以上が湯浅さんを囲み、事件について話し合った。

 若者たちは、加藤被告が事件を起こした理由を探っている。「居場所がなくて生きづらかった」「派遣切りで追いつめられた」。さまざまな意見は出るが、答えは見つかっていない。京野さんは「被告の心情に迫って議論することが、事件の風化を防ぐことにつながるはず」と言う。

 活動に賛同して現場で手を合わせた介護専門学校生の鈴木重光さん(38)は自身も「派遣切り」された経験がある。「心のどこかで被告に同情していたが、現場を見ると怒りがわいてきた。被告の動機を考え続けたい」と語った。【内橋寿明】

【関連ニュース】
銃刀法違反容疑:「忍者の武器」所持で社長ら書類送検
秋葉原事件:「地獄」34人が証言 検察側の立証終了
秋葉原事件:「社会へのテロ」…遺族が初めて証言
銃刀法違反:「苦無」所持、容疑の社長ら書類送検--警視庁
東京・秋葉原殺傷:事件から2年 「地獄」34人が証言 検察側の立証終了--公判

【月と太陽の物語】都会で眺める 宇宙身近に(産経新聞)
振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
菅内閣 幸先悪く…荒井戦略相の事務所費問題(毎日新聞)
トニー賞 演劇主演男優賞にデンゼル・ワシントン(産経新聞)
帰国後初の習作小説か=遠藤周作文学館で公開中の草稿(時事通信)
スポンサーサイト

女児に熱湯の母親、虐待疑い避け個人病院受診(読売新聞)

 大阪府堺市南区の自宅で1歳の長女にシャワーで熱湯をかけ、大やけどを負わせたとして、傷害容疑で逮捕された母親の無職井上夢麻(ゆま)容疑者(23)が「大きな病院だと虐待を疑われると思い、事件直後は個人病院を受診した」などと供述していることがわかった。

 3か所回った個人病院ではいずれも「症状が重く、手に負えない」と言われ、4か所目に受診した総合病院が通報した。

 大阪地検堺支部は1日、井上容疑者を傷害罪で起訴した。

 起訴状によると、井上容疑者は4月9日夜、自宅風呂場で、長女の尻や背中などにシャワーで熱湯をかけ、やけどを負わせた、とされる。井上容疑者は「お尻の汚れを洗う時に泣いたので、カッとして、シャワーのノブを最高温度に回して熱湯をかけた」と供述。給湯システムの性能から湯は60度以上あったとみられ、長女は重傷で約1か月間、入院した。

 捜査関係者の話では、同居の母親(42)が4月10日朝、やけどに気付き、井上容疑者は個人病院3か所に長女を連れて行った。どこも「大きな病院に」と勧め、同13日に個人医院の紹介状で府南部の総合病院を受診、虐待が発覚した。

 井上容疑者は「手がかかり、産後からかわいいと思えなかった」とも供述しているという。

「県民の財産」民間種牛、ワクチン接種を拒否(読売新聞)
家畜空白地帯って?増え続ける子豚どうする(読売新聞)
<普天間移設>鳩山首相、知事会に一部訓練の受け入れ要請(毎日新聞)
JT所有地架空転売話、訴訟ドロ沼 誰がだました? 消えた23億(産経新聞)
<カード現金化>トラブル急増 実態は「高金利の融資」(毎日新聞)

「威嚇航行する艦隊の野望」 もはや東シナ海は安全ではない(産経新聞)

【中国 海洋覇権への道】(中)

 「まるでチンドン屋」

 「割れ鐘をたたく音」

 中国海軍の漢級原子力潜水艦が2004年に沖縄・石垣島周辺を領海侵犯したころ、自衛隊関係者の発言は頼もしかった。静粛性の低さもあり、ほぼ完璧(かんぺき)に追尾できていた。

 だが5年半後の現在、「数だけで近代化に遅れている」「練度・士気が低い」といった、優越感も混じった指摘が聞かれなくなった。比例して「自衛隊の“脅威”」を批判する中国軍事当局者もめっきり減った。彼我の戦力逆転により必要が無くなったためだ。

 沖縄・宮古間を4月、威風堂々と横切った中国海軍艦隊も、日本を脅かす戦略の順調な仕上がりを見せつけた。

 軍事関係者は4月の事件で、キロ級潜水艦浮上航行の意味に注目した。公海では国際法上、潜航が許されるし、隠密行動こそ潜水艦の命だからだ。

 実際、静粛性に配慮した宋級潜水艦が06年、沖縄沖で米空母に8キロまで気付かれずに接近した事実は、隠密行動の恐ろしさを証明した。しかも、水上艦や原潜からなる米軍の防御陣形内に浮上している。武威を示したのだ。

 今回の浮上航行は宋級より勝るキロ級の披露が目的だったとされる。いずれも「太平洋に進出し空母を沈める能力」を、日米に警告したといえよう。単純なプレゼンス誇示ではない、戦略に基づき計算し尽くされた作戦行動である。 

 戦略は1982年、最高指導者・●(=登におおざと)小平の意向で海軍が立案した。「第1・2列島線」を基本とする海洋覇権計画である。

 すなわち-

 (1)1982-2000年(沿岸防衛のほぼ達成)

 (2)2000-2010年(第1列島線内の制海権確保)

 (3)2010-2020年(第2列島線内の制海権確保/通常型空母2隻建造)

 (4)2020-2040年(米海軍による太平洋・インド洋覇権阻止/原子力空母2隻の建造計画開始)

 (5)2040年(米軍と対等な海軍建設) 

 しかし、(2)の達成は15年にずれ込み、計画全体も5年ずつ後ろ倒しになると分析されている。それは15年に本土から1500キロまで、陸上航空兵力による海上航空優勢が整い、米空母艦載機を近づけなくさせ、ミサイル潜水艦40隻以上の配備を完了するといった中国軍の近代化計画とも合致する。

 戦略の当面の主役は潜水艦だ。「主役選定」は1996年の台湾危機に影響された。中国軍は総統選妨害のため台湾近海にミサイルを撃ち込んだ。その際、米軍は2個空母打撃群を台湾近海に急派した。中国側はこの武威に押され矛を収めざるを得なかった。

 コンプレックスはいまだに軍指導部に根強い。その情念は、敵性潜水艦を駆逐できぬ海域には入らない、米空母の“弱点”を看破する。潜水艦こそコンプレックスから解放してくれる即効性の「特効薬」であると確信したのだ。

 空母と艦載機で1兆円近く。長期教育したパイロット・整備員・乗員が5-6000人も乗り込む空母は単なる兵器ではない。轟沈は論外で、航行に支障が起きただけで地球規模の米戦略に齟齬が生じる。台湾危機でも、米空母は潜水艦を恐れ台湾海峡には近付いていない。

 東・南シナ海と日本海に米空母打撃群を入れない戦線が第1列島線。米軍増援阻止・妨害の最前線が第2列島線とみられるが、潜水艦の「待ち伏せ帯」と言い換えても良い。ただし、潜水艦のような「忍者」は事前に「屋敷内」を探る必要がある。

 「屋敷への忍び込み」こそが海底地形・海流・水温調査に当たる。これら諸条件で彼我の艦艇が発する音の伝わり方が違い、魚雷発射のための待ち伏せ場所やその後の逃走経路にも重要な差が出てくる。中国海軍が音響測定艦や潜水艦を駆使、日本の排他的経済水域(EEZ)で無断調査するのはこの目的故だ。領海侵犯後、逃走した漢級の操艦が予想以上だったのは調査の確度を物語る。

 中国海軍は宋・キロ級よりさらに優秀な元級を保有。「外洋訓練の常態化・実戦化推進」宣言もした。1月には南海艦隊航空部隊が、海上における超低空飛など「実戦能力向上」を練成した。4月の事件におけるヘリコプター異常接近も、海自護衛艦相手に「実戦能力向上」を図る演習だった可能性がある。

 東シナ海はもはや、米海軍と海自で防衛できる「安全な海」ではない。(野口裕之)

【関連記事】
「日米同盟との決戦の時」浮かれる中国ネットユーザー  
中国海洋パワー 西太平洋を影響下に置く行動だ
【軍事情勢】数字に込められた戦略上の意味
「日英同盟」廃棄の轍を踏むな 平成22年の初めに
評論家・石平氏「戦略持ち対中外交を」 産経志塾最終日

N700系さくら、800系つばめ…8月に最初で最後の九州新幹線見学会(産経新聞)
クリントン長官、午後来日=日米実務者は詰めの協議―普天間(時事通信)
「親族優先」初適用 亡夫の角膜移植へ(産経新聞)
与野党、衆院比例単独候補も解禁の対象に 参院選からネット選挙解禁(産経新聞)
自公会談 口蹄疫特措法案不調なら赤松農水相不信任決議案 28日に内閣不信任案で協議(産経新聞)

ひこにゃん 商標使用は有償に…滋賀・彦根市(毎日新聞)

 滋賀県彦根市は7日、市の人気キャラクター「ひこにゃん」の商標使用を7月から有料化すると発表した。使用料は原則、商品の販売総額の3%で、商品1個ごとに張る証紙代(1枚1円)が必要。公共目的や市のPRにつながる旅行会社などの利用は従来通り無料とする。

 市によると、対象となる商標は「座る」「跳ねる」「刀を持つ」の三つの図柄と「ひこにゃん」の文字。使用の申請は今月10日から受け付ける。有償の場合、市の代理人弁護士を通して契約を結ぶ。

 ひこにゃんは、同市で開かれた「井伊直弼と開国150年祭」(08~10年)などを盛り上げるため、市が申請に基づき、商標使用を認めてきた。同祭は今年3月に閉幕。市はひこにゃんを「市の財産」と位置付け、有償化を検討していた。閉幕後、市には業者などから約200件の問い合わせがあったという。

 市によると、昨年1月から今年3月までの使用申請は約280の企業・団体から計1040件。ひこにゃんグッズの売り上げ高の推計は08年が約10億円、09年は8億円に上る。獅山向洋市長は「祭りを盛り上げてくれたひこにゃんにもう一働きしてもらいたい」と話している。

 問い合わせは市総務課(0749・22・1411)。【松井圀夫】

【関連ニュース】
彦根城:西の丸三重櫓、初の公開 ひこにゃんが案内--きょうから /滋賀
EU大統領:お茶服し、ひこにゃん見つめ、はい一句 彦根城内を満喫 /滋賀
EU大統領:きょう、彦根に来訪 /滋賀
観光客数:昨年の彦根、13%増210万人 消費額は36%以上の落ち込み /滋賀
ひこにゃん:ゆる~くゆる~く、満4歳 ケーキににっこり--彦根 /滋賀

農水OBが3法人理事兼務、事務所は同じ報酬は別(読売新聞)
<民主党>山岡氏「普天間は雲の上の話」と発言 抗議で撤回(毎日新聞)
ゴンドラ1時間半宙づり、女性1人が脱水症状(読売新聞)
強盗 1億3500万円入りバッグ奪われる…千葉・木更津(毎日新聞)
パロマ沸かし器事故、元社長らに有罪…東京地裁(読売新聞)

<TBS>役員5人処分 報道番組での不適切な取材で(毎日新聞)

 TBSの「報道特集NEXT」で放送された特集で、制作会社のスタッフが対象者の郵便物を開封するなど不適切な取材を行った問題で、同社は22日、信国一朗・報道局担当取締役を減俸とするなど、計5人の処分を発表した。この問題では2日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が「テレビ局と制作会社との意思疎通が不十分だった」との意見書を公表していた。

 処分はこのほか報道局長と報道番組センター長をそれぞれけん責、担当プロデューサー2人をそれぞれ減俸=7日付、肩書はいずれも昨年12月5日の放送当時=とした。

【関連ニュース】
BPO:意見公表 TBS「報道特集」の郵便物開封問題で
TBS:「報道特集」郵便物開封問題 BPOが意見
バラエティー番組:どう変わる? BPO意見書で現場に波紋
公職選挙法違反?:丸川夫妻「行列…」で“よろしく”
BPO:年次報告、勧告は計3件 公表意見、現場浸透へ努力を 「指摘の問題、再び」

弁当店に刃物男、60万奪う=開店準備中狙う-東京・練馬(時事通信)
ビアガーデンがオープン 地産地消メニューも 栃木(産経新聞)
雪の“重馬場”で浅草流鏑馬(産経新聞)
裸の撮影「虐待ととらえず」=介護老人施設側が会見-宇都宮(時事通信)
【高速道路新料金】また見直しか!(レスポンス)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。